尾瀬の水芭蕉と桧枝岐温泉

5月29日~30日に尾瀬にシーズンの水芭蕉を見に行ってきました。一昨年の秋のシーズンに行った時は、裏燧林道を御池から歩いて行きましたが、今回は定番コースである御池から沼山峠までシャトルバスに乗って尾瀬沼までのトレッキングです。時間にして約1時間の比較的初心者向けのコースです。今回は平日なのでのんびりとしたトレッキングでしたが、やはり団体さんも見受けられました。出発したときは県内は雨模様でしたが、尾瀬に近づくにしたがって晴れ間が広がってきました。日頃の行い?

画像画像画像

 



しばらくは樹林帯の中を登って行きます。まだ雪が木道に残っていて足元要注意しながら30分弱で、沼山峠展望台に着きました。ここからは尾瀬沼が木々越しにちょっとだけ望めます。

画像画像画像





ここから下りになってさらに20分程進むといよいよ樹林帯から湿原が開けてきます。大江湿原です。ここから水芭蕉が咲いています。ただし少し早めということもあり、湿原一帯に広がっているという感じではなく、ポイント毎に固まって咲いているという感じでした。

画像画像画像画像





画像画像画像画像





画像画像画像画像





尾瀬沼が見えてきました。写真ポイントで有名な三本唐松を過ぎると、小屋や休憩所が見えてきます。

画像画像画像画像





今回はお弁当を用意していなかったので(行動食のみ)、長蔵小屋の休憩所で食事をして、しばらく沼岸で休憩してから来たコースを戻ります。今回曇りがちで燧ケ岳は雲に隠れて見る事は出来ませんでした。日が差してくれば汗ばみ、霧状の雨が降ってくれば寒くなったりと気温変化が大きかったかもしれません。

画像画像画像画像





今回のお宿は桧枝岐温泉の「かぎや旅館」で、日本秘湯の会の宿です。宿自慢の総ヒノキのお風呂は貸切状態で(結局この日宿泊したのは、ウチの他はお一人だけでした)、トレッキングの後の疲れのんびりといやす事が出来ました。食事はそば料理を中心をした「山人(やもうど)料理」。岩魚のお造りが身がプリプリで最高でした。

画像画像画像画像





画像画像画像画像





ご主人を始め家庭的な宿で、また泊まってみたいと思う宿でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年05月31日 16:51
先日はご利用ありがとうございました。
たまたまnet検索していましたらKAZUさんのブログを発見しました。
私もウェブリブログで尾瀬や檜枝岐の状況をお知らせしておりますので、こちらもご覧いただければと思います。
また尾瀬へお越しの際にはお待ちしております。
KAZU
2009年05月31日 19:47
かぎや若旦那さん、先日はお世話になりました。たどり着いて下さりありがとうございます。(しかしよく分かりましたねぇ)

私は温泉情緒というものは温泉そのものも大事ですが、湯船も含めた施設に左右される部分も大きいと思います。特に自分はひのきの湯船が大好きで、本当に癒されました。あの湯小屋内を維持して行くのは本当に大変だと思います。

料理も十分に地元の食材に触れることができました。またいつかお世話になりたいと思います。
ケンタロー
2009年06月04日 00:38
檜枝岐温泉、、、NHKの葛西アナウンサーが十数年前に放送して以来読めるようになりました、、(^^ゞ
ひなびた  と言うと叱られるかも知れませんが、、一度行ってみたい所です。

水芭蕉も咲く時期が早まったのでしょうか? でももう六月ですね。
よっちゃん
2009年06月04日 17:20
湯船は何と言っても檜に限ります。無節(むじ)ならば最高です。
現在のFRPの浴槽が出る前は、庶民はサワラ材で我慢したものでした。

ケン様、おいらも檜枝岐(ひのえまた)温泉、一緒に連れてって。
鄙びた温泉なんぞ40年も入ったことないんです。
KAZU
2009年06月04日 22:44
ケンタローさん、よっちゃん

毎度ご訪問ありがとさんです。
鄙びた温泉でのオフでも計画いたしやしょうか。ちなみに桧枝岐はウチのところからからでも3時間位かかりましたよ。
しの
2009年07月02日 10:31
KAZUさんも尾瀬に行かれていたのですね!
見落としていました、失礼しました。
写真を楽しませていただきました、よく写ってます。
私も沼山峠から入ったことがあります。

檜枝岐と聞いて、会津駒ケ岳に登りたくなりました。
機会があったら、会津駒ケ岳から尾瀬にでるコースを歩いてみたいです。

KAZU
2009年07月06日 20:21
しのさん

いやあ、全然気づきませんですいませんでした。
水芭蕉のシーズンに行って来ました。しのさんが行ったタイミングは水芭蕉はほとんど終わった頃でしたね。

会津駒も高層湿原の花の山として有名ですが、なかなか(私にととっては)きつそうです。尾瀬まで縦走できるコースがあるのは知りませんでした。

この記事の最初にコメントと付けて下さってますが、桧枝岐温泉の宿(かぎやさん)は風情があって自分としては大変寛げる宿でした。

この記事へのトラックバック